2018/05/02
外反母趾とは?

外反母趾とは?

足の先端の変形を生じる傷害で、強い痛みを伴います。特徴としては親指(母趾・母指)の付け根が内側に膨らみ、反対に親指先は外側に傾いていきます。これを外反といいます。隣接する人差し指も同様に傾いていくケースや、親指に押されて下に入るケースもあります。

放置をしていても改善せずに、傾向がどんどん強まっていきます。それどころか付け根の骨が膨らんで腫れ(腱膜瘤・けんまくりゅう)、靴が履きにくくなり、靴擦れやタコや魚の目などの外傷、化膿を生む可能性が高くなります。 また姿勢の崩れを増長させ、その結果腰痛や肩こり、頭痛を生むことにも繋がります。

外反母趾を生む原因の多くは下記のようなものです。

・足の内部の筋肉が衰えて、中指骨が広がるなどして、母趾根を適切な位置にキープできなくなる

・土踏まずのアーチが落ちている(=扁平足)

・指を浮かせて(=浮き指)歩く

・片方の足にばかり荷重をかけて歩く(その結果、もう片方の足の筋肉が衰える)

・足の内側に加重して歩く(土踏まず部分に重心をかけて前に足を運ぶイメージ)

・足の指を使って歩かない(小股、ペタペタ歩きの方に多いです)

・XO脚である(ヒザは内側なのに、つま先は外側を向いている)

特に扁平足や小股&ペタペタ歩き、XO脚を伴っている方は多いです。

「ハイヒールを履き続けると外反母趾になりやすい」と言われるのは、足指部に通常より荷重がかかることと、その状態で親指が外側に向くように矯正された状態が続くことによります。また常に足底筋膜や足部の内在筋が伸びた状態になっているからです。しかしながらハイヒールをほとんど履かない方でも外反母趾になります。

外反母趾の症状で悩んでいる方は少なくないはずです。
相談だけでも構いませんので是非1度ご来院ください。

池田(城南、神田、宇保、室町、姫室町、桃園、満寿美)・兵庫(川西、加茂)での
むちうち・交通事故治療・慰謝料・保険相談・骨盤矯正・猫背矯正・スポーツ障害・五十肩・脊柱管狭窄症・ギックリ腰・膝痛・腱鞘炎・外反母趾・ダイエット・筋トレ・インナーマッスルトレーニング・産後骨盤矯正・鍼治療なら
池田みやび整骨院
池田市菅原4-1
(阪急池田駅徒歩2分)