2021/12/15
こどもが突然肘を動かさない 池田駅すぐみやび整骨院

こどもが突然肘を動かさない。

 

 

🔴肘関節の靭帯と橈骨が外れかかって起こる、亜脱臼の状態を肘内障といいます

 

 

🔴50%は、子どもの手を引っ張った時に起きます

 

 

🔴肘を動かさなければ痛みが少ないので、腕を動かさずだらんとした状態

 

 

【肘内障ってなに?】

 

 

手をつないでいた子どもが突然勢いよく走り出し、意図せずして腕を引っぱってしまうことは非常によくあることです。

 

しかし、このような動作が原因で、子どもの片腕が急に動かなくなってしまうことがあります。

 

病名こそ知られていないですが、決して珍しくはない子どもの脱臼が「肘内障(ちゅうないしょう)」です。

 

肘内障は肘関節を構成する、輪状靭帯(りんじょうじんたい)と橈骨頭(とうこつとう)が外れかかる亜脱臼を起こした状態で、輪状靭帯が発達していない1歳未満から6歳ぐらいの子どもに多い脱臼です。

 

 

肘内障の約50%は子どもの手を引っ張った時に起こります。

 

その他の50%は子どもが転んで手をついたときや腕をひねったとき、肘を打ったときなど、いろんな時に起こります。

 

池田みやび鍼灸整骨院では、柔道整復師という国家資格があるので応急処置として肘内障の整復ができます。

 

緊急時のお困りの際には、当院にご連絡をいただければ肘内障の対応ができるかのご相談をお任せください。

 

菅原町、室町、満寿美町、姫室町、神田、城南、栄本町、桃園、鉢塚

交通事故、骨盤矯正、産後矯正、マッサージ、肩こり、腰痛なら

池田みやび鍼灸整骨院
(阪急池田駅南側徒歩3分)

大阪府 池田市菅原町4-1
阪急池田ブランマルシェ1番館108
池田みやび整骨院

072-754-0031

当院のHP

当院の地図

当院の口コミ