2021/04/25
池田市眼精疲労でお悩みの方に!

こんにちは!池田みやび鍼灸整骨院です!

阪急宝塚線の池田駅徒歩3分で雨にぬれずに来られるので、便利です!

 

今回は、眼精疲労に対して話をしていこうかと思います!

 

眼精疲労とは、物などをみているだけで目の疲れや痛みを感じ、視野がかすんだり頭痛や悪心などが起こる状態の事を言います。

 

疲れ目とは違い、睡眠をとっても症状が改善しない程の状態を言います。

主な症状は、目が重い・目が痛む・充血する・しょぼしょぼする・かすんで見える・視力の低下など、目に関することだけでもこれだけの症状があります。

眼精疲労をそのままにしておくと、イライラや不安感、抑うつ感が出てくる恐れがあり、自律神経系の症状にまで及ぶ恐れがあります。

 

眼精疲労の主な原因として考えられるものが複数ありますがおおよそ考えられるのが、VDT作業と呼ばれる、スマートフォンの使いすぎや、テレビの見すぎ、などの目を酷使することが多い現代の症状と言えます。

 

・ドライアイなど、目の症状による眼精疲労

VDT作業のし過ぎによる眼精疲労です。スマートフォン、パソコンなどを集中してみてしまい、瞬きをしなくなってしまい起こる症状です。また、エアコンの使用を控えると予防につながりますが、夏の暑すぎる日や、冬の寒すぎる日などはつけないと、熱中症や、違う病気になってしまう恐れがあるので、注意が必要です。

・調節性による眼精疲労

近視・遠視・乱視・斜視など、目の焦点を合わせる目の調節作用が低下し、起こる眼精疲労です。

 

・精神的なものによる眼精疲労

慢性疲労、過労、ストレス、睡眠不足などが原因で起こる眼精疲労です。

 

 

 

・東洋医学的に考えた眼精疲労の説明

 

東洋医学的に考えた場合、目の機能を司っているのが肝(かん)の役割だと考えられています。

肝臓の肝と密接に関係がありますが、ここでいう肝は肝臓とは違い肝の機能の事を総称して肝と言います。

 

肝の役割はほかにもあり目以外にも、筋肉痛や肩こり、夜寝たのに寝た感じがしない、イライラしやすくなっていたり、怒りっぽくなる、集中できなくなってしまう、貧血気味である。

 

など、これらのような症状が出てくることもあります。

 

東洋医学的には、肝の機能を回復させることによって、種々の症状が改善していき、連動してこれらの症状が良くなっていくと考えています。

 

ツボによる経絡の流れで肝の経絡はおおよそお腹のあたりから、足の先にかけてありますので、そこに鍼やお灸をすることによって、症状を改善していきます。

 

眼精疲労とともに、全身の筋肉の状態も出やすい症状ですので、併せて調整することができるので、その場合はご相談ください。

 

もちろん、東洋医学的に考えた場合の眼精疲労を説明させていただきましたが、鍼灸整骨院で出来ることは、目の関係する筋肉に対して、施術を行いそこの血行を良くすることで、新鮮な血液や、目に関係する筋肉を緩める事で改善させていく事も出来るので、通常の施術にプラスして鍼灸治療を行うとより効果を出しやすい治療法としてありますのでオススメさせていただいております。

 

眼精疲労は現代病としてあげられるVDT作業のようなスマホやパソコンといった物が普及してきたからこそ、悩まれる方が多いと思いますので、そういう時は是非ご相談頂ければと思いますので、ご来院ください!

 

↓↓↓↓↓LINEの友達登録がこちらから可能です!!↓↓↓↓↓

 

菅原町、室町、満寿美町、姫室町、神田、城南、栄本町、桃園、鉢塚

交通事故、骨盤矯正、産後矯正、マッサージ、肩こり、腰痛なら

池田みやび鍼灸整骨院
(阪急池田駅南側徒歩3分)

大阪府 池田市菅原町4-1
阪急池田ブランマルシェ1番館104-E

072-754-0031

当院のHP

当院のGoogleサイト&地図

当院の口コミ