2021/03/26
冷え性と免疫機能の関係性

こんにちは!池田みやび整骨院です!
駅から徒歩3分で雨にぬれずに来院頂けるので、便利です!

さて、今回は春になるにあたってまだまだ悩まされる方も多い冷え性、それに付随する免疫力に関する話をしていきます。

まず、冷え性にはいくつかの種類があります。

一つ目は、全身が冷えるタイプの方

体内の熱産生が低下し、新陳代謝が低下してしまいます。
それによって、全身が冷えてしまい、食欲や気力がなくなってしまい疲労感や倦怠感をはじめ、疲れやすいなど、種々の症状が出てきてしまいます。
長年このような状態が続くと、手足の冷えがひどくなったり、内臓まで冷えてしまう結果になってしまい、免疫力の低下につながってしまいます。

このような方は睡眠を十分にとり、休息をすることや、有酸素運動(歩く・散歩)をするなど、冷たい飲み物を避ける・暖かい食べ物を選んで食べるようにしてもらうと、ご自身で出来る対処になります。


二つ目は、四肢末端タイプの方

手足の末端、手先足先まで血液の循環が良い状態ではなく、悪くなっているため手足の冷えを感じるタイプの方です。
10代~20代の女性に多く、疲労や無理なダイエットによって、血液循環が悪くなってしまい、冷えが引き起こされるというような事があります。
しかも、それだけでなくニキビや肌トラブルにまで発展してしまう事があります。

改善点としましては、筋トレや有酸素運動をすることで筋肉を動かして筋肉の働きを良くすることや、湯船、足湯でもいいので暖かいお湯につかる事でも血行が良くなり筋肉の柔軟性も上がり、結果として血行が良くなりやすいです。


三つ目は、上半身は熱く下半身は冷えるタイプの方

このような方は、気や血の巡りが悪く、滞った状態になっていることが多いため、上半身は熱く、下半身は冷たいといったような状態になります。
上半身のほてりに関しては気が付きにくいため、普段から注意が必要になってきます。
更に、イライラしたり、顔がほてってきたり、頭痛が起こってしまったり、肌荒れの原因にもなってしまうので、このような状態も注意が必要です。

このようなタイプの方は、長時間同じ姿勢をしないことや、水の飲みすぎに気を付けたり、スクワットなどで下半身のトレーニングをして筋肉量の増加を目指すこともこの冷え性の対処として有効になってきます。

など、ストレスでも自律神経の乱れが起こってしまい、身体に不調を起こし血液の循環が悪くなる要因になってしまいます。
また、集中力がなくなってしまうなど体調がすぐれないことが出てきます。

これらの症状の方だけでなく、様々な要因が重なって自律神経の乱れが起こり、冷え性として表に症状が出てしまうようなことになってしまいます。
根本的にこの様な冷えの症状を改善していくには、身体全身の調整を行い、身体の変化をさせていく必要があるので、どうしても治っていくには時間がかかってしまうものです。

それだけでなく、整骨院ではご自身で気を付ける部分だけでなく、鍼やお灸を使用して患者様の体調に合わせた治療法を提案させて頂き、体調の変化をさせていくという治療法になりますので、一人一人にあったツボや治療法にてさせていただきます。

更に、身体が冷えてそれが内臓まで冷えてしまうと、免疫機能の低下も引き起こしてしまい、風邪をひきやすくなってしまったりしてしまいますので、注意が必要になってきます。
逆に身体を温めて治療することができれば、免疫機能を上げることができて風邪やインフルエンザなどの流行り病にもかかりにくくなる身体作りをしていく事が可能です。

他にも、冷え性に関連して出てくるニキビや肌荒れに関しても鍼灸治療できちんと肌ケアできるようになっておりますので、合わせて気になる方は是非ご相談下さい!

↓↓↓↓↓LINEの友達登録がこちらから可能です!!↓↓↓↓↓

 

菅原町、室町、満寿美町、姫室町、神田、城南、栄本町、桃園、鉢塚

交通事故、骨盤矯正、産後矯正、マッサージ、肩こり、腰痛なら

池田みやび鍼灸整骨院
(阪急池田駅南側徒歩3分)

大阪府 池田市菅原町4-1
阪急池田ブランマルシェ1番館104-E

072-754-0031

当院のHP

当院のGoogleサイト&地図

当院の口コミ