2021/02/26
足のむくみについて池田みやび鍼灸整骨院

こんにちは!阪急宝塚線池田駅から、徒歩3分にある池田みやび鍼灸整骨院です!
雨の日でも駅から濡れることなく来れるので、便利です!

今回は、足のむくみについて説明していきたいと思います!

まず、足のむくみとはどうして起こるのかを説明いたします。


むくみの原因とは

自然に起こるもので、多くは重力によるもので起こります。
立ち仕事やデスクワークなど、同じ姿勢を維持した場合に、長時間全身の血行が悪くなっていることが原因になってしまいまい、立ったまま、座ったままなどの長時間の同じ姿勢のままでいるとむくんできます。

また、運動不足は足のむくみの原因となります。
なぜなら筋肉は動くことでポンプの役割となっており、体の中の水分の流れをつくっているもの。
しかし、デスクワークなどで、しっとしたままだと、ポンプの働きをしないため、体の中の水分が滞り、だんだんと足がむくんできます。

弱った筋肉で運動しても、よく発達した筋肉と比べても効率が悪く、心臓に戻すことが大変なのが原因です。
必要以上に水分を取り過ぎている場合にもむくみが起こります。

歩くを習慣にすることで、脚のむくみ予防につながる。
デスクワークで歩くことが少ない人は、10分でも歩くことを増やしていけば徐々に筋肉がついてくるので、予防にはつながります。

また、東洋医学的に考えたむくみについて、症状別に説明していきます。
東洋医学的な考え

・気虚タイプ
疲れなどで気の量。機能が低下して、新陳代謝や内臓の働きが弱っている状態
〇随伴症状
気力が出ない、疲れやすい、暑くないのに汗が出る、声に力が出ない、風邪をひきやすい
息切れしやすい
●施術の流れ
気を補い、内臓の働きを高めてむくみの改善を図る

・陽虚タイプ
慢性疲労や、長期にわたる疾患により身体を温める機能が低下している状態です。
〇随伴症状
全身または手足が冷える、寒がりである、冷えると悪化して温めると軽減する。
●施術の流れ
体を温めながら冷えの症状を徐々に取っていき、自分で温める力を引き出すことで、むくみの改善を図る

・気滞タイプ
ストレスなどにより、気の流れがスムーズでなくなり、部分的に気が停滞している状態
〇随伴症状
イライラしやすい、憂鬱感がある、ため息を良くつく、お腹が張る
●施術の流れ
気の流れをスムーズにして、むくみの改善を図る

・寒湿タイプ
もともと胃腸が弱く、余分な水分が溜まりやすい人が、水分や冷たい物の飲食や体が冷えて、身体に溜まった水が冷えてかがまっている状態
〇随伴症状
足が重だるい、疲れやすい、痺れがある、胸が苦しい
●施術の流れ
胃腸機能を高め、水分代謝を促しむくみ改善をはかる。



施術の際に使うツボの一部を紹介いたします。

太谿穴:めまい、頭痛、東洋医学的に腎の症状に対して有効

復溜穴:むくみ、腎が弱っているときに有効

三陰交穴:消化器系のほか、女性疾患の特効穴です。冷え性を改善させるのにも有効です。

水分穴:余計な水分を体の外に出す

※東洋医学的に腎とは、体の中の水分の代謝を主に担う働きを持っています。

予防方法としては次のような方法があります。
・日頃から階段を使うようにする
階段の上り下りは、脚の筋肉をよく使うので、血行改善に効果的です。
日頃からできるだけ階段を使うようにするだけで、違いが出てきます。

・足先を動かすようにする
足の先を動かすと、ふくらはぎの筋肉も動き、血液などの流れが良くなります。
椅子に腰かけた姿勢で、かかとを上げ下げする。またかかとを床につけて、つま先を上げたり伸ばしたりする運動をすると、血行が良くなり、むくみ解消になります。

このように整骨院では、通常の手技による施術のほかに、ツボを利用した鍼灸治療も併せて行うことで、むくみの原因である血液の循環をよりよくするための治療が用意されています。
ひとりひとりのニーズに合わせた治療内容を用意させていただいておりますので、何か気になる事がありましたら、当院までご相談ください!

 

菅原町、室町、満寿美町、姫室町、神田、城南、栄本町、桃園、鉢塚

交通事故、骨盤矯正、産後矯正、マッサージ、肩こり、腰痛なら

池田みやび鍼灸整骨院
(阪急池田駅南側徒歩3分)

大阪府 池田市菅原町4-1
阪急池田ブランマルシェ1番館104-E

072-754-0031

当院のHP

当院の地図

当院の口コミ