2020/10/24
季節の変わり目に注意すること

当院は阪急池田駅より、徒歩3分にある、池田みやび整骨院の田中です。

雨の日でも、雨に降られることなく駅から来院できるので、便利です!

 

 

今年はマスクを必要とする前例のない暑い夏が終わり季節の変わり目に差し掛かり、昼と夜の気温差が大きくなってきます。

気温の変化が激しい今の時期に気を付けておきたい症状について、ご説明させて頂きます。

そもそも、季節の変わり目というのは体調を崩しやすくなります。

これらの時期になると、『頭痛』に悩まされる方が多くなってきます。

人によってキリキリする痛みや、頭が重だるくなるような症状になる方もおられます。

そのほかに、不眠、倦怠感、目の疲労などがみられます。

 

季節の変わり目に起こりやすい頭痛としては、寒暖差によるストレスや、自律神経の乱れが引き金となって起こる場合が多いです。これが乱れる原因としては昼間は半袖で過ごせる陽気であったとしても、夜になると上着を必要となる温度まで一気に下がってしまうので、その体温調節機能が、行動的になる『交感神経』とリラックス状態にでる『副交感神経』で調節されているのですが、その調節機能が頻繁に行われるためバランスが崩れ、種々の症状を引き起こす原因になってしまうことになります。

さらに、整骨院対応の頭痛には2種類のタイプがあります。

・ 緊張型頭痛

一番多くみられる頭痛になります。肩こりやデスクワークによる疲労、スマホの使いすぎなどが原因で筋肉が硬くなってしまい、脳に行く血管の流れを阻害し、栄養分の少なくなった脳に痛みが生じる頭痛になります。

このタイプの方は肩こりや、首こりを伴っていることが多いです。

 

 

 

・ 血管型頭痛

いわゆる偏頭痛になります。

緊張性頭痛の次に多い頭痛になります。偏頭痛の原因は、脳内の血管が広がって、炎症を起こす為痛みが出ます。

原因としては、ストレスや疲労などで起こりやすいと考えられています。

女性に多いとされているのは、女性ホルモンが関りがあるとされているためです。

偏頭痛には前駆症状があり、その一つに、頭痛が起こる前に目の前がチカチカすることがあります。

 

緊張型頭痛、血管型頭痛における東洋医学的な考え方

 

緊張型頭痛は内傷といい、臓腑が弱って生気が弱った状態を言います。

・ストレス・イライラから起こり、その溜まった悪い『気』が頭の方に上り、頭痛が起こる。

・『気』がうまく生成されず、頭に栄養を送れなくなって起こる頭痛。

・『血』がうまく生成されず、頭を栄養出来できないため頭痛が起こる。

 

血管型頭痛

・寒さで気が凝縮する作用があるため、その作用が強すぎると気血の滞りが発生し、

寒の作用が強いほど痛みが強くなる。

・湿気などで、陰の気が侵されてしまい、頭が重だるくなってしまう。

 

など、東洋医学的には外から入る悪い気が人体に影響を及すことや、人体から発生したストレスや疲労などによって起こる頭痛などがあげられます。

 

これらの治療法に対して鍼灸整骨院としてできる治療法として、鍼治療があげられます。

鍼には『気』を動かす作用があり、悪い気を外に出したり滞ってる気を巡らせたりすることができます。

 

 

西洋医学的に考えた鍼治療の観点は、首の筋肉に対して治療を行い、筋肉が硬くなって悪くなっているので、そこに対してピンポイントで治療を行い血液の流れを良くすることで頭の方に流れる血液を潤滑にすることで頭痛を解消できます。

 

もちろんマッサージにて、施術することは重用かつ効果が得られるものなのですが、より効果を出したい方、マッサージより効果を早く出したい方や、メンテナンスとして定期的に鍼灸治療にて楽にしておきたい方に、おすすめの治療法となっております。

 

最近は天気痛というワードも注目されており、天気天候によって起こる頭痛があったりと、様々な原因があげられますので、少しでも症状が出てきたり、予防のために日々メンテナンスをしておきたい方は、当鍼灸整骨院にご来院下さい!

↓↓↓↓↓LINEの友達登録がこちらから可能です!!↓↓↓↓↓

 

菅原町、室町、満寿美町、姫室町、神田、城南、栄本町、桃園、鉢塚

交通事故、骨盤矯正、産後矯正、マッサージ、肩こり、腰痛なら

池田みやび鍼灸整骨院
(阪急池田駅南側徒歩3分)

大阪府 池田市菅原町4-1
阪急池田ブランマルシェ1番館104-E

072-754-0031

当院のHP

当院のGoogleサイト&地図

当院の口コミ